壁面収納|収納リフォーム|お問合せ|Q&A|入居者アンケート|ウォークインクローゼット|賃貸アパート収納

 

壁面収納が部屋の第一印象を変える

 

壁面はクローゼット以外で収納を増やす絶好の場所です

壁面はクローゼット以外で収納を増やす絶好の場所です
 
 
壁面はクローゼットの次に収納を増やしやすい場所と言えます。
 
クローゼットを二つ、三つと増やしていくことは賃貸アパートの広さで実現することは難しいでしょう。
 
しかし壁面であればあらゆる場所に収納を造ることができ、これまで使ってこなかった場所
 
(デッドスペース)を有効に活用することも可能です。
 
 
 
収納が増える。 効果はそれだけではありません。
 
 
 
壁面収納はとても存在感があり良くも悪くも目立ちます。
 
これまでのシンプルで特徴のなかった部屋に大きなインパクトを与え、記憶に残る部屋へと生まれ変わり、
 
入居後は実際に収納として役立ち長期入居に貢献していきます。
 
 
 
 

壁一面の収納棚は大迫力!内覧時のインパクトが大きく記憶に残るお部屋になります

壁一面の収納棚は大迫力!内覧時のインパクトが大きく記憶に残るお部屋になります
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 
before
before
after
after
 

本棚などの見せる収納として使ってもらいます

本棚などの見せる収納として使ってもらいます
 
 
 

シンプルにスッキリと見せます。デッドスペースの有効活用

シンプルにスッキリと見せます。デッドスペースの有効活用
 
壁面は家具を置く場所でもあります。必ずその場所は確保しなくてはなりません。
家具を置けない場所 = デッドスペース と考えることもできます。
 
ストーブの上などその代表的な場所になります。(北海道は特に)
 
家具を置いたとしても天井までの間にはだいたい隙間(スペース)ができるものです。
そういった僅かなスペースを収納空間と捉え、家具の配置も誘導したプランを作っています。
 
 

入居者様が使えない、家具を置けない場所を有効活用できるようにします

入居者様が使えない、家具を置けない場所を有効活用できるようにします
 
 
 

壁面収納に扉を取付ければ家具のような収納になります

壁面収納に扉を取付ければ家具のような収納になります
 
 
扉を取付けることで壁面収納を家具のように使うことができます。
 
 
収納したものを見せない、隠しておけるメリットは言うまでもありません。
既製品の家具では実現できない、お部屋にピッタリの寸法で造れることで見た目の良さはもちろん、
床から天井まで無駄なく収納化でき、その部屋でしか提供できないオリジナル家具としてアピールできます。
 
 
 

扉の大きさ、取付位置も自由に計画できます

扉の大きさ、取付位置も自由に計画できます
 

通路を利用した壁面収納

通路を利用した壁面収納
 
 
玄関から居間へ入るための廊下、移動のため通路となっている箇所も壁面収納を施工し有効利用できます。
 
大きな荷物は収納できませんが、普段よく使うものなどの収納に向いており、
室内の床に置いていただけの片付かない物などをうまく整理することに貢献します。
 

壁面収納は奥行が浅いため、あまり部屋を狭くしないのが特徴です

壁面収納は奥行が浅いため、あまり部屋を狭くしないのが特徴です
 
 
         
<<有限会社ブルーフィールド>> 〒002-0855 北海道札幌市北区屯田五条12丁目4番5号 TEL:011-374-6882 FAX:011-374-6375