収納ブログ|キャットウォーク|収納施工例|ウォークインクローゼット|北海道札幌市

 

収納リフォームブログ

 

収納リフォームブログ

収納リフォームブログ
フォーム
 
もっと収納を増やしたい!
2017-02-27
 
〈もっと収納を増やしたい!〉
 
 
 
自分でプランニングし完成した収納リフォーム。
 
小さな部屋でも収納を増やします、もっと増やしたい
 
 

いつも完成した直後からすぐにこれ以上の収納増はできないだろうか?

 

と自問自答を始めます。

 

 

 

※Before

収納リフォーム前、シンプルなお部屋

 

 

 

この賃貸物件は空室が出るたび収納リフォームの依頼をいただいているリピーター物件です

 

この部屋でベストと思う収納プランをご提案しています。

 

 

でも、次はもっと収納力を上げた提案ができないか、考えることを止めることはありません。

 

 

 

ストーブ上部のデッドスペースを収納スペースに変えました

 

 

今回、洋室のクローゼットは現状のままにしました。

 

 

クローゼットはそのままにサイドを収納棚へ

 

 

 

※Before

 

 

 少し内部の収納スペースが小さいのが気になります

 

 

引き戸なのが残したポイントで、私の家具配置イメージでは、

 

この引き戸の前にベッドを置くはず。ベッドを置いてピッタリの寸法なのです。

 

 

これが折り戸や開き戸などであれば、開くためのデッドスペースが生まれ、

 

そこまではクローゼットスペースと考えることができます。

 

 

 

引き戸だとそのデッドスペースが初めから無く、収納リフォームを

 

考えるうえでは理想的です。

 

 

http://blue-f.net/files/lib/2/109/201701261535034447.jpg

 

 

ただ、現状のクローゼット内部の寸法が通常より小さいのが気になります。

 

 

隠せる収納ではあるのですが、少し容量不足。

 

かと言って部屋の寸法を考えると広げることは困難な状況です。

 

小さな部屋では共通の問題点と言えます。

 

 

 

こんな時は上部空間を有効利用しましょう。

 

 

 

入居者さんが持ち込む家具はほとんどのものが床に置かれます。

 

家具が置かれた状態で目線を少し上に向けてください。

 

ほとんど何も使われていないことに気付くはずです。

 

 

 

この部屋でもこれ以上の収納増を目指すなら意識は天井含めた

 

上部壁面などに移していくほかありません。

 

 

すでにいくつかイメージできています。

 

 

次の依頼では、追加の収納増をご提案したいと思います。

 

 

http://blue-f.net/files/lib/2/110/201701261535258396.jpg

 

 

※収納不足の不満を解消!賃貸アパートの新しい空室対策

 

 

 

 

収納リフォームで空室対策をお考えの方は、実績豊富、

 

アイデアいっぱいの(有)ブルーフィールドへご相談ください。

 

 

まずはお気軽に (有)ブルーフィールド 青田 までお電話いただけると幸いです。

 

       011-374-6888

 

メールでお問合せの場合は こちらへどうぞ

 

 

 

<<有限会社ブルーフィールド>> 〒002-0855 北海道札幌市北区屯田五条12丁目4番5号 TEL:011-374-6882 FAX:011-374-6375