収納ブログ|キャットウォーク|収納施工例|ウォークインクローゼット|北海道札幌市

 

収納リフォームブログ

 

収納リフォームブログ

収納リフォームブログ
フォーム
 
収納力を倍以上にする方法
2018-07-24
 
〈収納力を倍以上にする方法〉
 
 
 
 
 

賃貸アパートの収納リフォーム、

 

 

手掛ける以上は収納力倍増をいつも目指します。

 

 

 

 

部屋ごとにポイントが違うのでその都度じっくり考えるのですが

 

 

そこから生まれる

 

 

 

 

アイデア こそが

 

 

 

 

収納リフォームの一番価値ある部分ではないかと思ってます。

 

 

 

 

 

※押入れがひとつだけの2DK After写真

 

 

収納力を倍以上にする方法 壁面収納

 

 

今回のリフォームはこのようになりました。

 

 

 

Before ①

 

押入れがひとつだけの2DK リフォーム前

 

 

 

 

Before ②

 

 

押入れがひとつだけの2DK リフォーム前2

 

 

 

Before ③

 

 

押入れがひとつだけの2DK リフォーム前3

 

 

 

収納ポイントは

 

 

 

あえて扉を無くしたこと

 

 

壁面全部を収納化 したこと

 

 

 

 

収納を倍以上にする方法 壁面収納2

 

 

 

このアパートは2DK。
 
 
 
なのでプライベートが守られた部屋に
 
 
あえて扉を付けずオープン収納にすることで
 
 
得られるメリットのほうが大きいと判断。
 
 
 
 
 
逆にオープン収納のデメリットは
 
 
収納物を他人に見られることと、
 
 
乱雑な収納状況がいつも見えてしまうこと
 
 
 
 
そのことを緩和できる要素があれば
 
 
有効な収納増となります。
 
 
結局大きなウォークインクローゼットなども
 
 
ある意味、オープン収納と言えるので。
 
 
 
 
 
参考写真(3帖のウォークイン)
 
 
 
かくれんぼができる家 ママもこどもに返れる場所
 
 
 
 

一見、収納のためにスペースを取り過ぎている

 

 

ように見えるかもしれません。

 

 

 

ですが収納スペースを一ヶ所にまとめることで

 

 

見た目ほど室内を狭くはしていない。

 

 

 

そもそも収納が無かった状態では、

 

 

 

入居者さんが家具などを置くことで

 

 

結局、壁面は隠れてしまいます。

 

 

 

 

しかもこの部屋にピッタリと合った家具には

 

 

なりませんから、デコボコした見た目となり

 

 

デッドスペースも生まれます。

 

 

 

 

 

収納を倍以上にする方法 壁面収納4

 

 

 

端から端まで  床から天井まで

 

 

すべて収納として使い無駄なスペースがない

 

 

 

 

 

オープンなので何を収納しているかも一目瞭然。

 

 

出し入れだってしやすい。

 

 

 

余計な家具も買う必要なし

 

 

 

何より元の収納(押入れ)と比べ

 

 

収納できる量は倍以上!

 

 

 

施工前の押入れとストーブがあった正面の壁面は

 

 

そもそもがデッドスペースだったのです。

 

 

 

 

 

使っていないスペースこそ

 

 

収納にしてしまおう!

 

 

 

 

それが収納増量リフォームの考え方なのです。

 

 
 
 
 
収納が多い部屋はみんな大好き!賃貸アパートを収納で差別化します
 
 
 
収納がたくさんある部屋を提供する。
 
 
他にない差別化になる。
 
 
私が大家として辿り着いたひとつの答えでした。
 
 
 
 

ブルーフィールド

 

 

 

 

 

 

 

 

<<有限会社ブルーフィールド>> 〒002-0855 北海道札幌市北区屯田五条12丁目4番5号 TEL:011-374-6882 FAX:011-374-6375