収納ブログ|キャットウォーク|収納施工例|ウォークインクローゼット|北海道札幌市

 

収納リフォームブログ

 

収納リフォームブログ

収納リフォームブログ
フォーム
 
1箇所に3種類の収納システム
2018-07-03
 
〈1箇所に3種類の収納システム〉
 
 
 
 

収納の形状、用途がそれぞれ違う

 

 

 

3パターンの収納を1箇所に造りました。

 

 

 

 

1箇所に3種類の収納システム クローゼット

 

 

 

 

元は3つの押入れ

 

 

1箇所に3種類の収納システム 押入れ

 

 

 

そもそも収納が多い部屋だったと言えます。

 

 

 

 

しかし使い易いか?

 

 

 

 

と言えばどうでしょう

 

 

 

所有物件ということもあり

 

 

実験的な収納にリフォームしてみました。

 

 

 

まずは

 

 

 

 

①通常のクローゼット

 

 

1箇所に3種類の収納システム クローゼット

 

 
 

枕棚 2段、ポール1800mm

 

 

サイドに収納棚4段の仕様。

 

 

クローゼットとしてはこれだけでも大きい方

 

 

ギリギリ、ウォークインとは言えない奥行き

 

 

 

 

 

 

 

②オープン収納  ウォークイン風

 

 

1箇所に3種類の収納システム ウォークインクローゼット

 

 

部屋の一番奥、
 
 
窓に被るほど奥行きを作り収納力を上げています。
 
 
収納物が丸見えかと言えばそうではありません。
 
 
 
この位置、
 
 
部屋の一番奥まで来なければ見えないので
 
 
意外とプライベートは守られています。
 
 
出しやすく、仕舞い易い収納。
 
 
何となくウォークインクローゼットのような雰囲気。
 
 
 
 
ひとつだけ失敗したかなと後悔しているのが
 
 
すべてオープンではなく、右側(縦の棚側)に
 
 
小壁を造ればよかった・・・
 
 
 
 

それだけで随分、見た目が変わったのに

 

 

次回の課題とします。

 

 

 

 

 

 

③本棚

 

 

1箇所に3種類の収納システム 本棚

 

 

本棚として使ってもらえるかは分かりません。

 

 

本来はクローゼットになる部分ですが

 

 

一部を本棚としました。

 

 

 

扉の中の収納と、剥き出しのオープン収納では

 

 

必ず使い勝手が変わる。

 

 

中にしまうほどでもない物を収納してもらうイメージ。

 

 

私はこのやり方をよく

 

 

 

表と裏、両方使った収納と言っています。

 

 

 

 

どうでしょう?

 

 

 

すべて繋げた1個のクローゼッとすることもできましたが
 
 
その分、扉を付ける箇所が増え(コストアップ)
 
 
デッドスペースも増えます。(部屋が狭くなる)
 
 
 
 
 
用途や使い勝手を分けることでより収納が多い
 
 
と感じてもらえれば成功です。
 
 
 
 
1箇所に3種類の収納システム 押入れ
 
 
 
同じ収納スペースを使っていますが
 
 
収納力、収納量だけでなく
 
 
使い勝手も向上させたリフォームとなりました。
 
 
 
 
収納が多い部屋はみんな大好き 賃貸アパートの差別化をご提案いたします
 
 
 
この10年、
 
 
収納を増やすことで所有物件の
 
 
空室を解消してきました。
 
 
同じような工夫を施すライバル物件は
 
 
未だほとんどありません。
 
 
この先もこの方法で差別化を続けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
<<有限会社ブルーフィールド>> 〒002-0855 北海道札幌市北区屯田五条12丁目4番5号 TEL:011-374-6882 FAX:011-374-6375