収納ブログ|キャットウォーク|収納施工例|ウォークインクローゼット|北海道札幌市

 

収納リフォームブログ

 

収納リフォームブログ

収納リフォームブログ
フォーム
 
壁面はクローゼットの次に収納を増やしやすい場所
2017-02-09
〈壁面はクローゼットの次に収納を増やしやすい場所〉
 
 
 
今ある室内にさらにクローゼットを増やしていくことは賃貸アパートの
 
広さで簡単に実現することはできません。
 
 

既存のクローゼットを大きくしたり効率化したりする以外で
 
収納を増やそうと考えたら、
 
 

壁面を利用するのが一番です。
 
 
畳ベンチと壁面収納、勉強机の施工例です
 
 
ただし壁面ならどこを使ってもいい
 
 
という訳ではありません。
 
 
http://blue-f.net/files/lib/2/110/201701261535258396.jpg
 
 
 
まず家具の置き場所は絶対に確保。
 
 

テレビや冷蔵庫の場所はもちろん、椅子やベッドなど
 
室内に置かれる家具は少なくありません。


壁面を使った収納増にはポイントがいくつかあると思います。
 


◎デッドスペースの利用
 
 
家具を置いても使われないであろう場所を収納スペースに変える。

簡単な例ではストーブ周辺など。
 

ストーブの前面は暖かい風が出る場所なので、
物を置くこともできません。
 
使えない場所こそが収納を増やす場所になるのです。
 
 
ストーブ周辺、特に上部空間を生かす収納プラン
 
 
 
上部空間を収納スペースに変えるリフォーム例
 
 
 
 
◎室内上部空間を活用できるようにする


例えばテレビを置いたその上の空間、冷蔵庫の上、洗濯機の上、
 
ゴミ箱を置いたその上部空間はほとんど使われていないはずです。


入居者さんの実際に生活しているお部屋を見る機会がよくあるのですが、
 
大抵、壁を背中に床置きの家具が高さもバラバラに室内に置かれています。
 

主に胸から上の空間はほとんどクロスが見えている状態です。

その場所が収納空間になれば、今まで床に置くしかなく

片付かなかった室内をキレイに整理することができるかもしれません。
 
 
 

よく賃貸アパートは広さを重視しますが、床に物が溢れていては
 
部屋が広くても快適とは言えないと思います。
 
 

普通の広さであっても収納スペースが多く、片付け易い
 
部屋は結果的に使える面積を増やすことになるのです。

 
床にはそのまま収納し、腰より上の上部空間を収納スペースに変えます
 
 
↑ あえて腰より上にしか収納棚を取付けませんでした。

棚がない下部には床置きで収納家具を置いてもらい、
 
それより上の上部空間を有効活用できる仕掛けにしています。
 

壁面の一部を上から下まで無駄なく有効利用して
もらう
 
イメージで作りました。
 
 
 
http://blue-f.net/files/lib/2/114/201701261537396694.jpg
 
 
 
壁面収納のポイントはまだまだありますが、長くなってしまうので
 
それ以外のポイントはまた別の機会にご紹介させていただきます。
 
 
 
 
※収納が多い部屋はみんな大好きです!
 
 
 

 

収納リフォームで空室対策をお考えの方は、実績豊富、

 

アイデアいっぱいの(有)ブルーフィールドへご相談ください。

 

 

まずはお気軽に (有)ブルーフィールド 青田 まで

 

お電話いただけると幸いです。

 

 

011-374-6888

 

メールでお問合せの場合は こちらへどうぞ

 

 
 
 
押入れ、クローゼット、今ある収納の見直し
2017-02-06
〈押入れ、クローゼット、今ある収納の見直し〉
 
 
 
収納と言えばすぐに思い浮かぶのが押入れやクローゼットです。

賃貸アパートのように限られたスペースで収納を増やそうと思ったとき、
今ある収納を見直すことはとても重要な作業の一つではないでしょうか。
 

【賃貸入居者の隠れた需要(収納の充実)に応える部屋造りを
 
 いつも考えています】



例えば↓↓ このようなクローゼットを

(Before)
 
このままでは収納空間を最大限利用しているとは言い難い
 
 
 
(After)
 
クローゼット内をさらに効率化して収納量を上げるリフォーム
 
 
 
シンプルな中身から、目的や意図をもった仕様に変えています。
 
 
 
クローゼット内の角や上部空間、端まで収納スペースとして有効活用
 
 
 
何もせず、入居者の方に自由に使ってもらう。それも賃貸としては正解だと思います。

ただ、差別化するなら

同じ形、同じ容量のクローゼットであっても隅から隅まで
 
無駄なく収納化し、収納量が増えているのに出し入れ(整理)しやすい形
 
入居者の方の費用負担無しに提供する。


限られたスペースに効率よく収納するということは簡単なことではありません。
 
収納に関する書籍の多くが、収納の仕方やコツを教えている内容であり、

どのようなクローゼットを造れば収納量が上がるかを教えてくれるものはなかなか見つかりません。
 
 
 
収納リフォームの効果とは?
 
 
そもそも入居者の方は収納内に造作することはできないので、
お金を払って収納家具やアイテムを購入して工夫している。

そういう方が多いのではないかと思います。


クローゼットは枕棚にポール。


みんなが当たり前だと思っている部分こそ、差別化のチャンスと考えます。
 

奇をてらう必要はありません。
 

収納力の提供は生活に直結するプラスのサービスになります。
アイデア次第でとても喜んでもらえる部屋が造れると思います。
 
 
クローゼットの大型化、効率化、収納量の増加事例をご紹介しています。
 
 
※この部屋で出来るベストの収納増を考えます!
 
 
 

収納リフォームで空室対策をお考えの方は、実績豊富、

 

アイデアいっぱいの(有)ブルーフィールドへご相談ください。

 

 

まずはお気軽に (有)ブルーフィールド 青田 までお電話いただけると幸いです。

 

       011-374-6888

 

メールでお問合せの場合は こちらへどうぞ

 

 
 

初めての方のお問合せ 今なら1室無料で収納プラン作ります!

初めての方のお問合せ 今なら1室無料で収納プラン作ります!
 
         
<<有限会社ブルーフィールド>> 〒002-0855 北海道札幌市北区屯田五条12丁目4番5号 TEL:011-374-6882 FAX:011-374-6375